はり灸・整体・トレーニング Sora|徳島|鍼灸・不妊治療・美容

お知らせNEWS

2021.07.28 ゲーマー必見!!長時間プレイで酷使した肩腰へ!!

徳島県徳島市応神町 鍼灸治療院

はり灸|整体・トレーニングSoraの中原です。

最近はコロナの影響で自宅で過ごす機会が増えたり、eスポーツが注目されゲーム業界への需要が増えていると思います。ゲームをしているとついつい時間を忘れ長い間プレイしてしまう事はないでしょうか?今回はそんなゲーム愛好家への身体のケアについてご説明させて頂きます。

【ゲームで酷使しやすいのは?】

ゲームといっても、スマホゲーム、テレビゲーム、PCゲームと様々な媒体があり、それによっても酷使する箇所は変わってきます。

・スマホゲーム-スマホでゲームをする場合は多くの人が首をうつむいて画面を見ています。これにより首、肩、肩甲骨への負担が大きくなります。さらにスマホは画面が小さく目との距離が近くなりがちで、眼精疲労にも繋がります。

・テレビゲーム、PCゲーム-コントローラーやマウス、キーボードを使ってプレイするゲームにおいては、椅子に座って前傾姿勢で行われることが多く、腰椎への負担が大きくなり、背中から腰への疲労が溜まりやすくなります。さらに細かい操作が必要となるゲームでは、手や腕も酷使しがちです。

・長時間プレイ-ゲームは意外と脳での処理情報が多く、長時間し過ぎると頭痛の原因となります。さらに長時間画面を見続けると交感神経が常に興奮した状態になり、自律神経の乱れをきたし、頭痛、不眠、イライラなどの原因になります。

 

 

【ゲームの疲労は鍼灸で!】

person holding silver and white pen

鍼灸治療は長時間同じ姿勢を続ける事により血流状態が悪くなった筋肉や、使い過ぎにより酷使した筋肉に対して施術を行いうことで血流状態を改善し、肩こり、腰痛の早期治癒を目的とします。

さらに鍼灸治療では昂った交感神経を抑制し、副交感神経を高めてくれる作用があり、画面の見過ぎにより乱れた自律神経を整え、頭痛、不眠、イライラの解消へ繋がります。

 

 

【日頃のケア】

日常生活を工夫する事で、疲れにくい身体を作りましょう。

・長時間する場合は定期的に身体を動かす(30分に1回は立ちましょう!)

・ホットタオルで目の周囲の筋肉をほぐす

・寝る前1時間はゲームをしない(睡眠の質が下がります)

・湯船に浸かり身体の循環を良くする

・ゲーム後は軽いストレッチで身体をほぐす(運動でもOK)

 

 

【ご気軽に相談を】

ゲームを心置きなくプレイする為に身体の不調は早めに対処し、生活に支障をきたす事無く楽しみましょう。小さな不調でもご気軽に相談下さい!!

2021.07.08 頭痛は鍼灸で緩和できる!慢性的な頭痛でお悩みの方へ

徳島県徳島市応神町 鍼灸治療院

はり灸|整体・トレーニングSoraの中原です。

仕事が忙しい時、天気が悪い時、慢性的にと、頭痛に悩まれている方は多くいると思います。どんな人が頭痛になりやすいのか、どうすれば頭痛が緩和するのか、鍼灸は頭痛に有効なのかなど解説させて頂きます。

Upset, Overwhelmed, Stress, Tired, Frustrated, Stressed

【頭痛の種類】

頭痛といってもその症状に応じていくつかの種類があります。今回は慢性的に頭痛を感じている方の内、多くを占める「片頭痛」と「緊張型頭痛」について取り上げさせて頂きます。

【片頭痛】
 片頭痛は片側性の頭痛が長時間継続し、その多くが脈打つようなドクドクした拍動を感じる事が特徴です。痛みは揺れや振動などで悪化し、光や音に過敏に反応するようになり、症状が強い場合は吐く事もあります。

 頭の横から後ろにかけてや首、肩、顎周辺の筋肉が硬くなったり、圧痛を感じる事が多く、それが原因で神経の乱れを起こしてしまいます。 この神経の乱れにより、あらゆる刺激に対して脳(神経)が過剰に反応してしまう事で頭痛に繋がると考えられます。

【緊張型頭痛】
 緊張型頭痛は両側性の頭痛が30分程度から長時間持続し、締めつけられるような圧迫感を感じるのが特徴です。筋緊張が強く、慢性的な肩こり、首こりを感じている人が多いです。

 この頭痛では 頭や首肩の筋緊張が強く血流が悪い状態になっています。この様な状態になると、いつも痛みを抑制する脳の働きが低下し、発痛物質である「プロスタグランジン」などが分泌され頭痛の原因になります。

 

【頭痛になりやすい人】

Wine, Bottle Of Wine, Red Wine, Cup, Alcohol, Glass

・片頭痛-20代から40代の女性で生理前から生理中にかけて痛みが発症するケースが多く、女性ホルモンの変動により影響を受けると考えられます。男性でもストレスなどが引き金で発症する事があります。さらにタバコやアルコールの習慣、ポリフェノールを多く含む食事などは血管の収縮・拡張を起こすので、頭痛を促す可能性があります。

・緊張型頭痛-デスクワークなど長時間同一姿勢が続く仕事や、精神的に緊張感の続く仕事により、筋緊張が強くなる事で発症します。集中力が高く、息抜きが苦手な人は注意しましょう。 

 

【頭痛を緩和するには】

・鍼灸-頭部、首肩に鍼灸治療を行い筋緊張を緩和し発痛物質の分泌を抑制します。さらに高まった交感神経を抑制する作用があり、少しの刺激で過剰に反応している神経を正常な反応へ戻す事を目的としています。
 鍼灸治療の良い点は身体の自己治癒を促す事で、脳の働きを正常に戻したり、筋緊張を緩和するので、副作用なく頭痛発作の頻度を低下させてくれます。

・生活習慣-慢性的に頭痛がある人は、日常生活で頭痛を発症させる出来事をできるだけ避けるようにしましょう。食事面ではポリフェノールを含んだ物やチョコ、柑橘類は頭痛のきっかけとなるので取りすぎには注意しましょう。
 神経が高ぶっている時は刺激となる事を避けたいので、カラオケなどの大きな音のする環境や、喫煙スペースなどの臭い刺激の強い環境、さらにエレベーターなどの気圧の変化が生じる環境も控えましょう。
 普段の生活でストレスを溜め込みやすい人は適度な運動や、自然に触れストレスを溜め込まない事も頭痛改善のコツですので、出来る事からやってみましょう!!

 

【気軽にご相談を】

鍼灸には未病治療という考えがあります。これは症状が発症する前段階で予防するという考えで、なんとなくいつもと違う感じがする程度でも治療は可能ですし、この段階で治療した方が治療頻度も少なくなるので、症状の有無に関わらず気軽にご相談下さい。

2021.06.30 7月のニュースレター

徳島県徳島市応神町 鍼灸治療院

はり灸|整体・トレーニングSoraの中原です。

梅雨明けを控え、蒸し暑い日が続いておりますが、体調をくずされてはいないでしょうか?
今月のニュースレターでは夏バテ予防についていくつか紹介させて頂きます!!

冷房による冷え過ぎに注意!!

person with hands on ice block on water during daytime

夏本番となり、熱中症対策が必須の季節となりましたが、夏に気を付けなければならないのは熱中症だけではありません!!日中室内で過ごされる方のほとんどが冷房の効いた環境に居ると思いますが、冷房により身体を冷やし過ぎると逆に夏バテの原因になります。長時間冷房下で居たり、冷えた飲み物を飲み過ぎたりすると内臓に負担がかかり、食欲不振や下痢、便秘となる事があります。さらに暑い屋外と寒い室内の出入りを繰り返す事は体温調節を行っている自律神経の乱れをきたすので、倦怠感などの自律神経症状が出ることがあります!!

 

 

冷房による不調はどう対策したら・・・?

常温もしくは温かい飲み物こまめな水分補給

・定期的にストレッチなどで身体を動かし、血行不良をなくす

・冷房で冷えやすい部分は寒さ対策をする(下半身はひざ掛け長めの 靴下をはき、半袖ならカーディガンなどを常備する)

・速乾性のある下着で汗冷え対策

・鍼灸によるメンテナンス―鍼灸には自律神経を整える作用があり、屋外と室内の寒暖差で乱れた自律神経を調整し、夏バテを予防します。

夏バテの予防についてはニュースレターにも記載していますでのご一読下さい!

2021.05.20 その股関節の痛み変形性股関節症かも!?

徳島県徳島市応神町 鍼灸治療院

はり灸|整体・トレーニングSoraの中原です。

今回は股関節の痛みの原因になってるかもしれない変形性股関節症について書かせて頂きます。

股関節痛のイラスト

【変形性股関節症ってなに?】

変形性股関節症は関節軟骨の変性、摩耗によって関節の破壊が生じ、痛みや関節可動域制限が起きる疾患です。主には加齢により発症しますが、子供のころに股関節の発育不全や、過去に股関節の脱臼、亜脱臼があると発症のリスクは高くなります。女性は股関節の発育不全が男性よりも発症率が高く、必然的にこの疾患も女性の割合が高くなります。

変形性股関節症はレントゲンにて診断するので、立ち上がりや歩き始めに股関節の痛みがあれば一度病院で診察してもらいましょう。

【変形性股関節症に対してできること】

変形性股関節症では上記の状態により、関節、関節周囲の筋肉に炎症が起きて痛みが発生します。強い痛みがある場合はこの炎症を抑える事で痛みを緩和する事が出来ます。痛みが治まっても変形した関節が治る分けでは無いので、日頃の生活習慣の見直しが必要となってきます。

・鍼灸にできること―炎症部位周辺への刺鍼を行い、循環改善と共に炎症を鎮静する作用があり、炎症による痛みを緩和します。 さらに股関節の痛みにより代償的に使用した筋肉の筋緊張を緩和する事が可能です。

・鍼灸にできないこと―鍼灸治療では変形した関節自体を修復することはできないので、関節に負担をかけないように周辺の筋力トレーニングを行います。主に鍛えていくのは大腿四頭筋という太ももの前面の筋肉、お尻の大殿筋、中殿筋の筋力強化を目的とします。大腿四頭筋のセッティング(関節運動を伴わない筋トレ)や大殿筋、中殿筋のトレーニングは自身で簡単に出来る内容なので、お家でのリハビリにも活用する事が出来ます。

【気軽にご相談を】

変形性股関節症では痛みの原因にも関節の滑膜の炎症や、軟骨の破壊、硬化によるもの、周囲の筋肉の疲労からくるものと様々あります。さらに変形性股関節症の原因となる疾患も股関節の発育不全からくるもの、外傷による脱臼、骨折、すべり症などからくるものなどがあります。自身の症状が当てはまらなくても股関節に違和感を感じたら一度ご相談下さい。

2021.04.08 慢性的な疲労を改善!自律神経を整える鍼灸治療!!

徳島県徳島市応神町 鍼灸治療院

はり灸|整体・トレーニングSoraの中原です。

皆さんは日中のだるさや倦怠感、寝ても疲れが取れないなどの症状はありませんか?慢性的な疲労は集中力の低下や、抑うつ感の原因にも成り得るので早めに対処しましょう。

From above of tired fatigued unrecognizable female in casual wear resting head on netbook keyboard near notebook and cup of tea after long working day

【慢性疲労の原因】

慢性疲労の原因は、日常における様々なストレス等により抑制された免疫系や、自律神経、内分泌系(ホルモン)の乱れなどが原因と考えられます。しかしこれらは相互に作用しており、自律神経の乱れは免疫系、内分泌系へ悪影響を及ぼします。どれか単独が原因と考えるより、総合的に身体の恒常性(一定の健康状態に保とうとする性質)を整える事が大切になります。

【鍼灸に出来ること】

鍼灸は投薬などと違い、身体の悪いものを除去するというより、生体本来が持つ恒常性を整える事により自己治癒力を高める事が目的となります。

鍼やお灸の刺激に対して身体は自身を守ろうと、自律神経を介して免疫系や内分泌系を調整する生体防御反応が起きます。さらにストレスにより起こる免疫抑制に対して抑制的に作用する事も分かっています。この身体の生理的な反応を利用して、本来の健康状態に戻す事が慢性的な疲労の改善に大切です。

オーバーユース(同一動作の繰り返し)による筋肉の疲労に対しても、鍼通電により筋緊張を緩和する事ができます。

鍼灸のメリットはこの自己治癒力の向上筋疲労の緩和の2点に対してアプローチできるところにあります。

【日常生活で出来ること】

日常生活を見直し、規則正しい生活を送ることも身体本来の機能を取り戻すためには大切になります。まずは簡単に出来る事から実践してみて下さい。

・適度な運動—–週2~3回、12分早歩き程度の運動量

・ストレス解消——週に1度は自然に触れる

・バランスの摂れた食事——過食は控え腹八分目

・十分な睡眠——入眠30分以内、途中で起きてもすぐ眠れる、7時間以上を目指しましょう。

・腸内環境を整える——発酵食品、食物繊維を積極的に摂り、トランス脂肪酸は控えよう。

【気軽にご相談を】

慢性的な疲労は上記で述べた事項以外も考えられます。何となく疲れが取れないなどでもかまいませんので、気軽にご相談して下さい。

1 2 3 4 5 6 10

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ