はり灸・整体・トレーニング Sora|徳島|鍼灸・不妊治療・美容

お知らせNEWS

2019.09.23 更年期障害の鍼灸治療

当院では、不妊治療はじめ多くの婦人科疾患でお悩みの方がご来院いただいております。
最近、季節の変わり目で多くなってきているのが更年期障害の症状でお越しになられる方です。

今日は、更年期症状に対して鍼灸治療ではどのようなことができるのかをご紹介いたします。

日本人の女性が閉経を迎える年齢は、50~51歳といわれており、一般的には閉経をはさんだ、45歳~55歳の約10年間を「更年期」と呼びます。
※ただし閉経年齢には個人差があるので、40代前半からはじまる人もいます。

更年期障害は、閉経にともない卵巣の働きが衰え、女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が急激に減少することで起こります。

更年期は、女性ホルモン(エストロゲン)が大きく上下動しながら低下していくことですが、その上に加齢などの身体的因子、成育歴や性格などの心理的因子、職場や家庭における人間関係などの社会的因子が複合的に関与することで更年期障害が発症すると考えられています。

【それでは、更年期障害の主な症状についてご説明します。】
主な症状は以下のとおりです。

血管運動神経系:ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、冷え性、息切れ、動悸
精神神経系:頭痛、めまい、不眠、耳鳴り、イライラ、不安・恐怖、もの忘れ、疲労感、うつ
運動器:肩こり、腰痛、関節痛、骨粗鬆症
消化器:吐き気、嘔吐、食欲不振、偏食、過敏性腸症候群、胃、十二指腸潰瘍
皮膚・粘膜:多汗、冷や汗、口の渇き、唾液分泌が増、皮膚のかゆみ、脱毛、白髪、円形脱毛症
泌尿器:頻尿、残尿感、失禁
婦人科:月経異常、閉経、おりもの、外陰部のかゆみ、性生活の障害
その他:肥満、高血圧、動脈硬化、糖尿病、老眼、白内障

鍼灸治療は、肩凝りや腰痛、神経痛などの痛みに対してだけではなく、多くの症状や病気に効果があるといわれています。

当院では、女性に優しい鍼灸治療として、不妊治療や婦人科疾患、美容を目的とした様々な女性特有の悩みに対する施術を専門的に行っています。

更年期障害の主な症状は女性ホルモンのアンバランスから生じていると上記で述べているとおりですので、鍼灸治療で自律神経の機能を調整して症状の改善が期待できます。また、当然ですが、頭痛や肩こり、腰痛などに対しても効果がありますので、症状の軽減に役立つことができます。

更年期障害といえば、患者さまにより症状も異なってきますので体質や悩みなどを詳しくお伺いしながらお一人お一人にあった治療を行っていく必要があります。

お悩みの方は、当院にご相談いただき鍼灸治療で一緒に更年期を乗り切りましょう!!

2019.09.10 テレビ番組でAGE(最終糖化産物)について紹介されました

先日、9月5日放送の「主治医が見つかる診療所!体のコゲとサビを防いで若返るぞスペシャル!」で、当院でも治療やダイエット、栄養指導の指標としても使用している「AGE(最終糖化産物)」について紹介されました。

老化の大きな原因とされる体の「コゲ」と「サビ」。体のコゲとは「糖化」、サビとは「酸化」のこと。それらが体内にたまってくると見た目の老化だけでなく、心筋梗塞や脳卒中、認知症などのリスクも高まるといわれています。

番組では、体をコゲさせない・サビさせない予防改善法が紹介されました。

当院では、SHARP製のAGEセンサを使用して、治療やダイエット、栄養指導に活用しています。

AGEは、老化物質とも言われていて体内に溜まり老化を進行させてしまうといわれていますが、適度な運動やバランスのいい食事、AGEをケアする食品などで減らすことも可能です。

当院のテーマである健康と美容には欠かせない検査となります。
測定は、30秒程度で行えますのでご希望の方はご予約時にお申し付けください。
AGE 測定+カウンセリングは1000円(税別)で行っております。

2019.08.20 精子の質を改善する方法

顕微授精とは、射出された精液から精子を選んで卵子に注入することによって受精させる技術であり、理論的には精子が1個でもあれば妊娠は可能です。

しかしながら、受精はしてもその後なかなか分割がすすまず胚盤胞まで到達しない、移植しても着床しないといった方もいらっしゃいます。

一般的に女性の年齢が上がると卵子の質が低下して妊娠しにくくなると言われており、実際に臨床でもそのような傾向を認めます。

ここで忘れられがちなのが、精子の質についてです。
では、顕微授精に際しての「精子の質」とはどのようなものなのでしょうか。

顕微授精において理論的には精子が1個でもあれば妊娠は可能なのですが、実際のところ精液所見が悪い方においては妊娠率が低下する傾向にあります。

精子は大きく分けて頭部と尾部になり頭部にはDNAが入っており、受精の際に卵子のDNAと組み合わされます。

尾部は精子の運動を担当しており、体内で卵子に到達するまでを担当します。

尾部の手前にはミトコンドリアが入っており、尾部の運動エネルギーを保管しています。

顕微授精では精子を卵子に直接注入しますので、尾部は動いていなくても理論上は大丈夫なのですが、運動性が無かったり頭部の形が変形している精子はDNAが損傷している可能性が高く、良好な受精卵ができないため通常は顕微授精には用いません。

という事で顕微授精においては

・精子の頭部に入っているDNAが損傷していないことが重要!
・DNA損傷していない精子を選ぶため、頭部の形や動きを参考にしている。

という事です。

顕微授精であったとしても精子の質は重要という事がお分かりいただけましたでしょうか?

不妊治療専門病院の男性外来では精子のDNA損傷リスクを低減するために、

酸化ストレスを抑制する『松康泉』を用たり、精索静脈瘤の手術を行ったり、

禁煙、生活指導を行ったりしています。

当院でも、鍼灸とサプリメントで採卵日にあわせて、できるだけ精子の質が良くなるようにお手伝いできれば幸いです。

『鍼灸』
鍼灸にも、抗酸化作用を促進する効果があります。
スポーツの分野でも選手の試合前に鍼灸を行うことで抗酸化作用が働きパフォーマンスが向上しているデータがあります。

松康泉』

不妊治療専門病院の男性不妊外来でも松康泉は精子の酸化ストレスを軽減する為に患者様に服用して頂き良い結果が出ております。

私は、カウンセリングで精子の運動率、奇形率、精子量、精子濃度についてはショウキT-1をおススメし、精子のDNAの損傷については、松康泉をおススメしています。

「松康泉と」と「ショウキT-1」のご購入はこちらのWebフォームから購入できます。
→ご注文Webフォーム

2019.07.18 パーキンソン病に対するYNSA

パーキンソン病の患者は、人口10万人あたり100~120人の患者さんがおられるといわれています。発症年齢は50~60歳代で日本では男性よりも女性のほうが多いとされています。家族性(遺伝性)は5-10%で、大半は非遺伝性です。

パーキンソン病の主な症状
パーキンソン病の4大症状として「振戦(ふるえる)」「固縮(かたい)」「寡動・無動(おそい)」「姿勢反射障害(ころびやすい)」があげられます。これらは運動障害にあたります。手のふるえは歩行時には強くなります。

パーキンソン病の原因
パーキンソン病は神経変性疾患に分類されます。
、中脳黒質の神経細胞が少しずつ減少し、その機能が失われてくると考えられています。それにより黒質とつながっている線条体のドパミンが欠乏し、症状が現れます。

パーキンソン病の治療としては、現在薬物療法やリハビリテーションが中心となりますが、根本的な治療法は未だ見つかってはいません。

そこで、当院がオススメしたいのが、YNSA(山元式新頭鍼療法)です。


*当院がテレビで紹介されたときの写真です。

YNSAの良いところは、お薬のような副作用はないので身体の状態さえ落ち着いていれば、治療を行うことが可能です。
もちろん根本的に脳の破壊された細胞を復活させることはできませんが、YNSAの得意なところは、頭に鍼を行うことで脳血流量を増加させて、ドーパミン不足で働きが悪くなった脳を活性化することができます。

そうすることで、パーキンソン病の4大症状の改善がみられます。

YNSAの良いところは、個人差はありますが、1本鍼を打っていくごとに身体に変化がみられるところです。
ですので、当院で経験した患者様の声をあげてみますと、「振戦が止まった」、「身体が柔らかくなった」、「動き始めがスムーズになった」、「転びにくくなった」などの嬉しい反応を頂いております。

当院では、3名の理学療法士も在籍しているため、リハビリテーションとも合わせてYNSAを実施しています。

パーキンソン病でお悩みの方には、一度YNSAを受けていただくことをオススメいたします。

2019.06.26 LINEでの無料不妊相談・カウンセリングはじめました!

最近、当院通院中の方以外からのお問い合わせが増加しています。
なかには県外の方からもご質問を受けることが多くなりました。

つくづく不妊治療はまだまだ患者様に正確な情報が届いていないと思いました。

よく受ける質問は、妊娠しない理由がわからない、病院での治療に不安を感じている、いま服用しているサプリメントのこと、妊活のストレスのことなど数えきれないほどあります。

当院にご相談頂けることは嬉しい反面、お一人お一人に電話での対応は難しく、施術への影響がでてくることも考えられます。

そこで、私の可能な限りとなりますがLINEでの無料相談・カウンセリングをはじめようかと思いました。

当院に通院中の方以外にもお気軽に不妊相談・カウンセリングを受けていただき少しでもご自身の不妊治療のご参考になればと思います。

どなたでもお気軽にLINEよりお問い合わせ、ご相談ください。

LINEでの無料不妊相談・カウンセリングをご希望の方には以下の手順により受付をお願いいたします。

1.以下の「友だち追加ボタン」より当院のLINEご登録ください。


2.登録完了後、トークより
「無料相談希望」と 「お名前」、「ご年齢」、「ご住所」、「電話番号」を送信お願いいたします。


3.こちらからのご返信をお待ちください。

※順番にご返信いたしますが、混み合っている場合は返信が遅くなる場合がありますがご了承ください。

※個人情報保護法に基づき、知り得た個人情報は相談・カウンセリング目的以外には使用いたしません。

1 2

ページトップへ