はり灸・整体・トレーニング Sora|徳島|鍼灸・不妊治療・美容

お知らせNEWS

2019.07.18 パーキンソン病に対するYNSA

パーキンソン病の患者は、人口10万人あたり100~120人の患者さんがおられるといわれています。発症年齢は50~60歳代で日本では男性よりも女性のほうが多いとされています。家族性(遺伝性)は5-10%で、大半は非遺伝性です。

パーキンソン病の主な症状
パーキンソン病の4大症状として「振戦(ふるえる)」「固縮(かたい)」「寡動・無動(おそい)」「姿勢反射障害(ころびやすい)」があげられます。これらは運動障害にあたります。手のふるえは歩行時には強くなります。

パーキンソン病の原因
パーキンソン病は神経変性疾患に分類されます。
、中脳黒質の神経細胞が少しずつ減少し、その機能が失われてくると考えられています。それにより黒質とつながっている線条体のドパミンが欠乏し、症状が現れます。

パーキンソン病の治療としては、現在薬物療法やリハビリテーションが中心となりますが、根本的な治療法は未だ見つかってはいません。

そこで、当院がオススメしたいのが、YNSA(山元式新頭鍼療法)です。


*当院がテレビで紹介されたときの写真です。

YNSAの良いところは、お薬のような副作用はないので身体の状態さえ落ち着いていれば、治療を行うことが可能です。
もちろん根本的に脳の破壊された細胞を復活させることはできませんが、YNSAの得意なところは、頭に鍼を行うことで脳血流量を増加させて、ドーパミン不足で働きが悪くなった脳を活性化することができます。

そうすることで、パーキンソン病の4大症状の改善がみられます。

YNSAの良いところは、個人差はありますが、1本鍼を打っていくごとに身体に変化がみられるところです。
ですので、当院で経験した患者様の声をあげてみますと、「振戦が止まった」、「身体が柔らかくなった」、「動き始めがスムーズになった」、「転びにくくなった」などの嬉しい反応を頂いております。

当院では、3名の理学療法士も在籍しているため、リハビリテーションとも合わせてYNSAを実施しています。

パーキンソン病でお悩みの方には、一度YNSAを受けていただくことをオススメいたします。

2019.07.18 臨時休診日のお知らせ

【臨時休診日のお知らせ】
7月22日~7月25日

宮崎県の山元リハビリテーションクリニックへYNSA(山元式新頭鍼療法)セミナーの出席の為、終日休診とさせていただきます。

尚、妊活治療中の方のみ、7月23日午後は遠赤外線とレーザー治療を行っています

7月27日

学会出席の為休診といたします。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

2019.07.18 8月3日(土)妊活セミナー開催のお知らせ

この度、神戸より不妊治療のカウンセラー中元宗宏先生をお招きして妊活中の方を対象にセミナーを開催いたします。

3カ月に1回行っているセミナーですが、毎回満席となります。
それだけ、妊活中の方はお困りの方が多いのだと認識しております。

当院には、病院での治療内容に疑問を感じたり、ネットでの多くの情報に何を信じたら良いのか分からなくなっておられる方が多く相談に来られます。

妊活でお困りの方が、希望をもって治療に望めるよう少しでもお役に立てれば幸いです。

今回のセミナーでは、最新の不妊治療のお話だけでなく、男性不妊についてや妊娠しやすいカラダ作りについてもご講演いただけます。
また、この機会に人数限定ではありますが、中本先生に個別カウンセリングも行っていただけますので、ご希望の方はお早めにご予約をお願いいたします。
少しでも多くの方に不妊治療に対する正しい知識をお伝えできれば幸いと存じます。

→画像をクリックすると案内が拡大されます

参加ご希望の方は、以下のいずれかの方法でお申込みください。

①Web申込
→ web申し込みフォーム

②お電話
→TEL 088-678-9623

③LINE
トークより「お名前」と「参加希望」の旨ご連絡ください

LINE ID→@gsj3961o
LINE QRコード

また当院では、6月より
LINEでの無料不妊相談・カウンセリングはじめました!
詳しくは過去のブログをご覧ください。
→LINE無料カウンセリングのブログ

2019.07.16 【パーソナルトレーニング】のお知らせ

Soraでは、ヨガなどの集団レッスン以外に、個別トレーニングでしっかり鍛えたい、ダイエットしたい・友達やカップルでプライベートに運動したい・身体の気になる部分を集中的に鍛えたい!というご要望にもお応えしています。

Soraのパーソナルトレーニングの特徴

1.理学療法士によるカウンセリングと念入りなプログラム!

AGE測定(老化物質の測定)、体組成計(基礎代謝や筋肉量)などを測定したうえで、一人一人に合ったトレーニングを提案いたします。また、リハビリ専門家によるストレッチ、科学的根拠に基づいたトレーニングで若者からシニアまで幅広く対応可能

 

2.アメリカ発!最新の3Dトレーニングを採用!  

ダヴィンチボードと言われるアメリカ発のチューブトレーニングによる負荷で360°、全方向より全身の筋肉が刺激され、30分の短時間で効率的かつ効果的な全身エクササイズが可能

 

3.身体の自然な動きを邪魔しない・飽きさせないトレーニング

ヨガの動きを取り入れたエクササイズで、自律神経の働きや身体のしなやかさを向上させたり、バランスボールやボクササイズなどによる有酸素運動も行い飽きずに楽しいトレーニングが可能
  

 

4.筋力トレーニングやダイエットには欠かせない栄養カウンセリング

ファスティングの資格を持ったスタッフにより、栄養やダイエット食に関するアドバイスも併せて行っています。

 

【パーソナルトレーニング】60分
個別トレーニングでしっかり鍛えたい方にオススメ
初回体験 3000円
1回券 5000円
5回券 24000円
10回券 45000円

【パーソナルトレーニング ショートコース】30分

時間のない方や初めてで体力に自信のない方にオススメ
初回体験 2000円
1回券 3000円
5回券 14000円
10回券 25000円

【ペアトレーニング】60分
カップルやお友達と気軽に通いたい方にオススメ
初回体験 2500円
1回券 3500円
5回券 16500円
10回券 31500円

【グループトレーニング4人まで】60分
グループでワイワイ楽しくトレーニングしたい方にオススメ
初回体験 1500円
1回券 2500円
5回券 10000円
10回券 20000円

 

*5回券以上購入の方は
プラチナ成分配合の天然水「プラチナウォーター」
・汗拭きタオルが無料

・ダイエットカウンセリング無料
・ダイエットスムージー、プロテイン購入 20%OFF

*パーソナルトレーニングに関しては、レッスンスケジュール時間以外でご予約受付させて頂きます。

2019.07.16 妊活に適した食事とは

近年アメリカの研究で特に不妊の原因が排卵障害にある女性において、食生活や生活習慣を見直すことによって改善が認められることがわかりました。

アメリカにおいて全米18000人の女性看護師を対象に、妊娠するまでどれくらいの期間がかかったか、流産の有無を含めた健康状態、食生活、運動の記録、喫煙やその他の生活習慣についての情報を集めました。

そこから以下に挙げた食生活における7つのポイントが、排卵に関する不妊症を劇的に改善することが明らかになりました。

1. 全粒粉など、精製度の低い穀物を選ぶ。食後の血糖値を急激に上げるような精製された炭水化物は減らす。

2.不飽和脂肪酸を多く摂り、加工食品やファストフードなどに含まれるトランス脂肪酸は避ける。

3.牛乳、ヨーグルト、アイスクリームは無調整のものにする。低脂肪(無脂肪)乳製品の接種は回数を減らす。

4.植物性タンパク質を多く摂り、動物性タンパク質を減らす。

5.葉酸やビタミンB群を含むマルチビタミンのサプリメントを接種する。

6. 水を十分に飲む。コーヒー、紅茶は控えめに。砂糖入りの清涼飲料水は飲まない。

7.体重をコントロールする。肥満時は体重の5~10%減量し、運動する。

また、男性不妊に関しては、魚を食べると精子が良質になるとのデンマークの医師らからの発表がありました。
魚を頻繁に摂取した場合、男性の精子の質が向上することがデンマークのホーセン・レジョナル・ホスピタル病院の調査で明らかになりました。
同病院の生殖医療科の主任専門家、ウーラ・ブレス・クヌドセン医師率いるグループは毎日の食事に海産物を摂取している場合、これが男性の精子の質にどう影響しているかを示す16の学術調査を全世界から集めて研究しています。
この結果、2週間に2度ないしそれ以上、魚を摂取している場合、男性の生殖機能は著しく向上していることがわかっています。
クヌドセン医師は、「魚の摂取量が増えればオメガ3脂肪酸の摂取量が増えることになり、これが精子の働きを向上させる」と語っていて、男性不妊で問題を抱えている場合、正しい食生活に留意し、サーモン、タラ、サバの摂取に心掛けるよう進言しているとのことです。

ご夫婦で食生活、生活習慣を改善をし、妊活に向けて励んでいきましょう!

今回は「1 炭水化物」「2 脂質」「3 乳製品」の3つの食材の選び方について詳しくお伝えしておきます。

1 炭水化物
炭水化物には”良い炭水化物”と”悪い炭水化物”があります。その良し悪しは「血糖値にどう影響するか」が判断基準になります。悪い炭水化物を食べると血糖値が急激に上昇します。そして血糖値を一定に保つようインスリンが分泌されることによって血糖値は再び急降下し体は空腹のサインを出します。そこでまた悪い炭水化物を摂取し、血糖値の上昇を繰り返すことで肥満になり、糖尿病などの病気も引き起こすことになるのです。
そこで、おすすめな炭水化物が全粒粉食品です。白い小麦粉やコーンフレークなどの精製された炭水化物は血糖値を急激に上昇させますが、精製していない全粒粉食品は消化に時間がかかり血糖値をゆっくり上昇させます。それだけでなく、繊維質やビタミン、ミネラル、その他有用な栄養素をそのまま残しているのでより優れた食品といえます。他にも、じゃがいも以外の野菜や果物、豆類も血糖値やインスリンに緩やかな影響しか与えないので有用です。

2 脂質
トランス脂肪酸は排卵や妊娠の障害なることがわかっています。このトランス脂肪酸の摂取量を減らせば、妊娠するチャンスを高めることができ、同時に不飽和脂肪酸、特にオメガ3脂肪酸を多く接種するとさらによい結果をもたらします。どのような脂肪酸の種類が良いのかは以下を参考にしてください。

3 乳製品
乳製品に関しては脂肪分無調整の牛乳やヨーグルト、チーズ、アイスクリームでも、排卵障害の不妊症リスクを低減し、反対に低脂肪の牛乳やヨーグルトはリスクを高めます。低脂肪の乳製品を多く摂る女性ほど排卵障害の不妊症リスクが高く、成分無調整の乳製品を多く摂る女性ほどリスクが低かったのです。
低脂肪の方がヘルシーで健康に良いイメージがありますが、排卵障害を持つ女性にとっては妊活に逆の効果をもたらしてしまうので自分の体質に合った接種の仕方を見極めることが大切です。

当院では、AGE測定(老化物質、糖化度測定)や体組成計による身体のチェックを行い適切な栄養指導をさせていただいております。
ご希望の方はご相談ください。(カウンセリング要予約 1回1000円税別)

参考文献
1)ジョージ・E・チャヴァロ/ウォルター・C・ウィレット/パトリック・J・スケレット:妊娠しやすい食生活~ハーバード大学調査に基づく妊娠に近づく自然な方法~,日本経済新聞出版社

1 2 3 4 5

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ