はり灸・整体・トレーニング Sora|徳島|鍼灸・不妊治療・美容

お知らせNEWS

2021.03.23 患者様の声「流産を乗り越えて無事ご妊娠!!」

今日は、当院に通院しながら、妊活を頑張った方からの妊娠報告アンケートをご紹介させていただきます。
当院では、妊活を卒業した方にお願いしてアンケートのご記入をして頂いております。
皆様がそれぞれどのような方法で妊活していたか? どのようなことが良かったのか? もしくは良くなかったのか?など、現在妊活されている方へのご参考になればと思います。
また、当院の不妊鍼灸を受けてみようか悩んでおられる方は、受診のきっかけになればと思います。

今回は、40歳の方の妊娠報告のご紹介です。

この方は、長い間妊活を頑張っておられた方でした。当院にお越しになられた際、流産の経験もあり不安そうなようすでした。
流産の原因は、ほとんどが染色体異常によるものが多いです。
そこで、まずはしっかりと良い胚盤胞がとれるように体質改善していこうとカウンセリングでお話しさせていただきました。
そこで当院で、良い胚盤胞がなかなか取れない方にお勧めしているタンポポ茶ショウキT-1を服用していただきながら、鍼灸治療に週1回お越しになりながら採卵を目指しました。
すると、採卵結果も良く、その後の胚盤胞移植でご妊娠されました。
この方も、冷え性も酷く肩こりもかなり強かったので、血流を改善してあげることで身体の不調も少しずつ改善していたところの妊娠でした。

当院でカウンセリング・妊活鍼灸を受けてみたい方は是非ご連絡お待ちしております。
初めての方のお問い合わせやご質問は、LINEからも可能です。
LINE登録はこちらから


2021.03.23 患者様の声「鍼灸をはじめて2ヵ月半でスピード妊娠!!」

今日は、当院に通院しながら、妊活を頑張った方からの妊娠報告アンケートをご紹介させていただきます。
当院では、妊活を卒業した方にお願いしてアンケートのご記入をして頂いております。皆様がそれぞれどのような方法で妊活していたか? どのようなことが良かったのか? もしくは良くなかったのか?など、現在妊活されている方へのご参考になればと思います。
また、当院の不妊鍼灸を受けてみようか悩んでおられる方は、受診のきっかけになればと思います。
今回は、24歳の方の妊娠報告のご紹介です。

この方は、今年の1月から当院の妊活鍼灸にお越しになられていました。
なかなか卵胞が育ちにくかったりしましたが、鍼灸治療に週1回お越しになりながらタイミング法で頑張られました。当院で測定したAGEs(糖化度)の判定があまり良くなかったので、栄養改善も併せてサポートさせていただきました。結果、2ヵ月半で見事スピード妊娠となりました。
冷え性も酷く肩こりもかなり強かったので、血流を改善してあげることで身体の不調も少しずつ改善していたところの妊娠でした。

当院でカウンセリング・妊活鍼灸を受けてみたい方は是非ご連絡お待ちしております。
初めての方のお問い合わせやご質問は、LINEからも可能です。
LINE登録はこちらから

2021.03.11 睡眠トラブルに鍼灸が効果的な2つの理由!

徳島県徳島市応神町 鍼灸治療院

はり灸|整体・トレーニングSoraの中原です。

夜眠れない、寝ても途中で起きてしまうなどの睡眠に関する悩みはありませんか?睡眠トラブルに対して鍼灸に出来る事は何かを説明します。

woman laying on bed

【睡眠トラブルの原因とは?】

睡眠のトラブルには様々な原因がありますが、現代人の多くはPCやスマホを日常的に使う頻度が高く、その結果として交感神経の興奮を招き睡眠トラブルに繋がっているケースも多いです。さらに睡眠はメラトニンという生活リズムを作っているホルモンによっても誘発されています。このホルモンは脳にある視床下部という所から分泌され、血液によって巡っていきます。つまり脳血流量が悪い事も睡眠には良くないと言えます。

【鍼灸にできる2つの事】

・自律神経を整える—自律神経には交感神経と副交感神経があり、日中の活動的な時は交感神経が優位に働いて、夜には副交感神経が優位となりリラックス状態になり睡眠へ向かいます。自律神経が乱れると、日中に眠気が強かったり、夜に目がさえて眠れないなどの症状が現れます。

鍼灸では自律神経を整え、睡眠時に必要なリラックス状態である副交感神経を優位にする作用があります。PCやスマホをよく見る人は交感神経が優位になりやすいので日頃のケアを大切にしていきましょう。

・血流改善をする—デスクワークによる肩や首のこりは交感神経を高め、さらに脳への血流も悪くなります。上記でも述べた通り、血流不足は睡眠ホルモンへの悪影響となるので、肩や首周囲の血流改善は睡眠にとって大切な要因と言えます。

鍼灸では肩や首のこりを改善すると共に脳血流量を増加させ、睡眠ホルモンを作ったり、分泌させる脳の機能を正常にする手助けをしてくれます。肩や首のこりを感じている人は鍼灸を検討してみて下さい。

【日頃のケア】

睡眠トラブルは日頃のケアも大切になります。Soraニュースレターにて日頃気を付ける事を紹介していますので、こちらもご覧下さい。

2021.03.10 患者様の声「42歳の方より妊娠報告の頂きました」

今日は、当院に通院しながら、妊活を頑張った方からの妊娠報告アンケートをご紹介させていただきます。

当院では、去年より妊活を卒業した方にお願いしてアンケートのご記入をお願いしております。
妊娠数を把握することはもちろんですが、皆様がそれぞれどのような方法で妊活していたか? どのようなことが良かったのか? もしくは良くなかったのか?などをご記入いただくことで、現在妊活されている方への情報提供にもなるからです。

是非ご覧いただきご自身の妊活にも参考にされてみてはいかがでしょうか

今回は、42歳の方の妊娠報告のご紹介です。
この方は、なかなか胚盤胞が取れずに悩まれていましたが、鍼灸治療に週1回お越しになられながら栄養改善をサポートさせていただきました。
結果、3ヶ月で胚盤胞が3個採卵することができ1回目の移植でご妊娠されました
当院でカウンセリング・妊活鍼灸を受けてみたい方は是非ご連絡お待ちしております。
初めての方のお問い合わせやご質問は、LINEからも可能です。
LINE登録はこちらから

2021.02.18 デスクワークや重量作業でかかる腰への負担!?若くてもなり得る慢性腰痛。

徳島県徳島市応神町 鍼灸治療院

はり灸|整体・トレーニングSoraの中原です。

デスクワークや重量物を持つような作業の人は働いている人の中でも多くを占めていると思います。このようなお仕事での腰へのリスクについて解説していきます。

【デスクワーク・重量作業での腰への負担】

デスクワークをしている時、つまり前傾姿勢で椅子に座っている時の腰椎椎間板(腰の骨と骨の間にあるクッションの役割をしている物質)への負担は立っている姿勢と比較して1.8倍もの負荷がかかっています。さらに重量物(20kg程度)を立てった状態で持ち上げると4.7倍もの負荷がかかります。

【椎間板に負荷がかかるとどうなる?】

そもそも椎間板は一生を通じて負荷がかかるものなので、20歳前後からクッション作用が減少していきます。上記で述べた通り仕事上で負荷の強い人なら尚更変性は早くなり、若い人でも慢性の腰痛になるリスクは高いです。

このような状況が続くとクッション(線維輪)が潰れ、クッションの中身(核)が外へ出てしまい、周囲の神経を圧迫します。これが腰椎椎間板ヘルニアと言われている状態で、腰、足の痛みやしびれの原因となります。ここまで酷い状態にならなくても腰椎や椎間板の変性は誰もが起こるものです。

【慢性腰痛にならない為に】

椎間板自体には血管が無く、栄養供給は軟骨や周囲からの拡散によって栄養されるので腰周辺の血流が悪いと栄養不足となり椎間板のクッション性が損なわれます。さらに腰椎や椎間板の変性が進むと、周囲の筋肉で補おうとし筋肉への負担が増え腰痛の原因になります。

つまり腰周囲の血流量を常に良い状態に保っておくことが重要かつ、椎間板への負担の無い動作を心掛けて下さい。(椅子での作業中は前傾姿勢は避ける。重量物を持つ時は膝を使い出来るだけ腰椎への負担を減らす

【腰痛治療】

腰痛には主に腰周囲の血流改善を目的に鍼灸治療を行います。局所の腰周囲への鍼通電により筋肉の緊張を緩和し、腹部への圧迫、赤外線照射による腰周囲の血流改善を図ります。(腰周囲の筋肉を栄養する腹大動脈へのアプローチ)

慢性の腰痛に関しては、頭鍼や遠絡療法を治療に取り入れる場合もあります。

頭鍼、遠絡療法に関してはこちらをご一読下さいhttps://www.sora-hari.jp/acupuncture/

腰に違和感のある方は、遠慮なくご相談下さい。



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 24

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ