はり灸・整体・トレーニング Sora|徳島|鍼灸・不妊治療・美容

お知らせNEWS

2021.01.05 妊娠しやすい身体に変える!冷えを改善するツボ温活!

今の季節はとても「冷え」が気になる時期と思います。
当院では「妊娠三穴」といわれるツボを利用した治療を行っています!

冷えは、頭痛や肩こり、便秘、生理不順、不妊を引き起こし、免疫力を低下させる原因にもなります。
体を温める食事や飲み物をとったり、運動をして代謝を上げるとともに、外から温めるのも有効です。東洋医学では、陽の気が集まるツボを温めると体の冷えが楽になるとされています。

ツボを温める方法としてお灸があります。お灸と聞くと熱そうとか火傷のイメージがあるかと思いますが、当院で使用しているのは温灸器という器具を使ったお灸となりますので、火傷の心配もなく安心です。

当院では、必ず耳への温灸を行います。 耳には全身のツボがあり、毛細血管も多い場所です。耳全体を温めることで、全身の血行が促進され、冷えを改善します。また、自律神経が安定して、よい睡眠にも役立ちます。

そして、妊活中の方には冒頭に紹介した「妊娠三穴」と呼ばれる神闕、関元、気衝も温めます。 神闕は消化器回復、関元は婦人科全般・冷えの改善、気衝は生殖器の病に効くと言われているツボです。この3つのツボは体を温め、生命力を補う働きがあり、疲労の回復にも効果があります。

ただ、この温灸は、行う時期が大切になってきます。

生理周期に合わせて最も効果的なタイミングで行います。

人工授精や体外受精を受けておられる方には、採卵時や移植時など効果的なタイミングがありますので、ご来院時はカウンセリングを行った後に施術をさせて頂くようにしています。

また、当院では、サンビーマーやサンマット(遠赤外線治療器)、ラジオ波を用いてお腹を深部から温める方法も行っております。
採卵成績が良くない方やなかなか着床しない方にはこちらの施術もお勧めしております。


実際に当院での治療成績では、通常の体外受精にこのような統合医療を併用した治療を行うことで30%以上の妊娠率が向上したデータがあります。

皆さんツボを温め冷え症を改善して、妊娠しやすい身体に変えていきましょう!

2020.12.25 不妊治療の助成金について

今回は来年1月1日から始まる『特定不妊医療(体外受精)助成金』の新制度について書きます。

2021年1月より、【所得制限が廃止】されることが決定しました。
これにより全てのご夫婦に体外受精助成金支給されます。

概要は以下の通りです。

1. 所得制限が廃止されます (現在は夫婦の合計所得が730万円未満が対象)
※開始時期については、1月の何日開始かは未定となっております。

2021.1.18からの通常国会で最終決定されます。(遡り1月1日開始となる場合もございます。)

2. 対象年齢と回数

・40歳未満:6回まで      ※令和2年3月31日時点で妻が39歳の場合は41歳未満

・40歳以上43歳未満:3回まで  ※令和2年3月31日時点で妻が42歳の場合は44歳未満

・43歳以上:対象外

3. 助成金額

1回につき最大30万円(2回目以降も30万円)
※従来は初回のみ30万円、2回目以降は15万円でした
(融解胚移植の場合は7.5万円:未定)

4. ご出産された場合、回数カウントはリセットされます。

5. 男性不妊症(TESEなど)も制度の対象になります。

※上記内容は”ほぼ決定”ですが2020.12.8現在の予定です。

厚生労働省ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000047270.html

最終的に政府の意向で若干の変更の可能性がありますことをご了承ください。

2020.12.08 鍼って本当に不妊症に効果があるの?? 当院の不妊鍼灸の特徴と効果!

当院では、不妊治療中の方に少しでも早く妊娠していただけるように鍼灸で不妊治療のお手伝いをさせていただいております。

また、不妊鍼灸にお越しの方には、無料でカウンセリングや相談を受け付けていますので、ご来院時やLINEでいつでもご質問いただき、病院での治療のことや悩みやストレスの緩和に努めています。

今回は、当院ではどういったことに焦点を当てて不妊鍼灸を行っているのかについて書かせていただきます。

当院では、なるべく病院での治療と並行して施術を行っていくことを推奨しております。
というのは、まず西洋医学的な検査によって卵管の通りや手術適用がないかなどを明らかにしていないと鍼灸ではどうしようもない部分がでてきてしまうからです。
以下のとおり、病院でできることと鍼灸でできることには違いがあります。

◆不妊クリニック、婦人科の病院でできること
① 数値にできる不妊の原因をみつけること
② お薬を使って排卵させること
③ 女性ホルモンを補充すること
④ 妊娠のタイミングをあわせること
⑤ 子宮ポリープや筋腫を手術で取ること
⑥ 受精の手伝いを体外で行うこと

◆鍼灸でできること
① 女性ホルモンのバランスを整えること
② 卵子の質を高めること
③ 着床しやすい子宮環境を整えること

つまり、不妊鍼灸で取り組む べきことは以下の3つが主になってきます。

1.体質改善しながら、体をリラックスさせる鍼灸
鍼灸は自律神経の働きを整え、心身をリラックスさせる効果があります。
そうすることで、下垂体ホルモンや女性ホルモンのバランスが整っていきます。肩こりや腰痛、冷え症の改善も合わせて行っていきます。

2.子宮卵巣の血流を上げ、卵子の質を高める鍼灸
特殊な鍼の打ち方で子宮卵巣の血流が上がることが科学的に実証されており、その鍼治療をおこないます。この治療は、卵子の質を高める効果があります。

3.着床を後押しする鍼
なかなか着床しないのはあなたの持っている異常な免疫力のせいかもしれません。
母体の免疫が受精卵を攻撃することがある事をご存知ですか?
鍼治療を行うと、この異常な免疫力を抑えて着床しやすくする効果が期待できます。

実際にどのようなことをするのか?

当院の不妊鍼灸の特徴

1. 脳血流量を改善して、女性ホルモンを分泌させる視床下部を刺激する
鍼を行い、脳血流量の改善を図り、視床下部を刺激して、下垂体から卵巣へのホルモン分泌を促します。そうすることで、卵子の成熟、子宮環境を整える効果があります。身体全体の調整を行っていきます。

2. 温灸器や鍼を使用して、子宮・卵巣血流量をアップさせます
耳や腹部の妊娠穴といわれるツボに鍼や温灸を行うことで、子宮や卵巣への血流量を増やして、卵子や子宮を活性化させます。鍼は使い捨てのディスポーザブル、お灸は温灸器を用いるため火傷の心配はありません。
   

3. スーパーライザーとサンビーマーとういう機器を使用
卵子の質の改善、子宮内膜の肥厚、着床率のアップに使用します。主に、レーザー治療には卵子の成熟率、胚盤胞率、着床率などを高める効果が期待され不妊専門クリニックでも使用されることが多くなってきました。
*院長の近藤が勤務している香川県丸亀市の厚仁病院生殖医療部門でも
同じ機器を使用しています。
不妊治療で用いられるレーザーは「低レベルレーザー」と呼ばれ、首(頸部)や腹部へレーザーを照射し、脳や骨盤内、手足などの血行を高め、精神的にもリラックスできることから、卵子の質の改善、子宮内膜の肥厚、着床率のアップなどの効果が期待できることから不妊治療の補助的な治療として行われます。
当院では、鍼灸と併用してスーパーライザーとサンビーマーを標準的に使用します。
  

以下、不妊治療に関する鍼灸の効果についての論文です。
アメリカの生殖医学界の学会誌に掲載されていますので、しっかりと研究されている内容です。当院でも、この内容に準じた施術を行っています。
少し長い内容ですが、最後まで読んでいただけると鍼灸が不妊症にしっかりと効果が認められているということが分かると思います。

「アメリカの生殖医学学会誌 より」

【胚移植日に鍼灸治療を行うと体外受精、顕微授精の妊娠率を上昇させる】
胚移植日に鍼灸治療を行なうと体外受精、顕微授精の妊娠率を上昇させる 273 例を研究対象とし、鍼を行なわない組では 22%の妊娠、鍼治療組では 36%の妊娠率となり、鍼灸治療を行なった組に有意に妊娠率が高くなっ
た。(2006 年デンマークの報告)

体外受精と顕微授精例の黄体期に鍼治療を行なうと妊娠率が有意に高かった 225 例を対象としたもの。鍼灸を行なわなかった組では 13.8%、行なった組では 28.4%の妊娠率で、鍼灸治療組の妊娠率が高くなった。(2006 年ドイツの報告)

体外受精例に鍼治療を 3 回行い、鍼治療組に妊娠率が高くなった例 228 例を対象に、hMG(排卵誘発剤)注射時、採卵前、採卵直後に鍼を行なった。
行なわない組では 23%、鍼治療組では 31%の妊娠率で、鍼治療組が妊娠率が高くなった。(2006 年オーストラリアの報告)

【体外受精と併用された鍼灸治療は妊娠率を向上させる】 メリーランド大学、ジョージタウン大学産婦人科は過去の 7 件の臨床試験のデータをまとめた。鍼治療を併用した胚移植は、鍼治療を受けた群の臨床的妊娠は 1.65 倍高く、継続中の妊娠は 1.87 倍、生児分娩率は 1.91 高く、鍼治療は妊娠率の高さと関連していたと発表。(2008 年アメリカからの報告)

「電気鍼治療により体外受精での出産率が向上」
北京大学の研究で309人のIVF治療患者を無作為に三群に分けて、第一群に対して受精卵を子宮に戻した30分後に電気鍼治療を実施、第二群に第一群の治療に加え受精卵を戻す前日に電気鍼治療を、第三群には受精卵を子宮に戻した30分後に偽電気鍼治療をそれぞれ行った。 出産率は鍼治療群で37%、偽鍼治療群では21%となり、有意差があったという結果です。 (論文出典)

「ドイツと中国の研究チームがまとめた米生殖医療学会誌に掲載された報告」
人工、体外受精の前後に、女性の身体をリラックスさせる鍼治療と子宮内の血流を改善する鍼治療を行うと、妊娠率が大幅に向上するという。同チームは、体外受精をうける女性160人を2つのグループに分け、一方に体外受精の際、受精卵を子宮に戻す前後に鍼治療を実施した。もう一方のグループには、鍼治療をせず通常の体外受精を行った。その結果、鍼治療を受けたグループの妊娠率が 42.5%に上り、通常治療の 26.3%を大幅に上回った。

また、日本の新聞では、体外受精を5回以上行っても妊娠できなかった不妊症の女性114人に鍼灸治療を併用したところ、約40%にあたる49人が妊娠に至ったと、明治鍼灸大学の研究グループが、日本生殖医学界で報告したと紹介されている。

不妊治療をされておられる方は、少しでも早く妊娠したいという気持ちでいっぱいだと思います。

少しでも早く妊娠するために、鍼灸を是非取り入れてみてください。

鍼が怖いという方も一度ご相談いただければと思います。

カウンセリング・施術のご予約は・・・

1.お電話
TEL088-678-9623 にお電話ください。施術希望の旨お伝えください。

2.LINE
 このページの一番下の「LINE@友だち追加」をクリックして友だち追加
していただき、「カウンセリング希望」とメッセージをください。
ご来院のご予約もしくは簡単な質問でしたらLINEにてご相談承ります。

2020.10.27 妊活鍼灸・不妊治療Q&A 

このページでは、当院で妊活鍼灸を受けておられる方や受けてみようか検討されている方から受ける質問について簡単ですが回答しています。
ご参考になればと思います。
ただ、このページの回答は一人一人によって内容が異なる回答になる場合もありますので、個々に質問やご相談をされたい方は個別カウンセリングをお勧めいたします。

個別カウンセリングのごサービス約は・・・

1.お電話
088-678-9623にお電話ください。カウンセリング希望の旨お伝えください。

2.LINE
 このページの一番下の「LINE@友だち追加」をクリックして友だち追加
していただき、「カウンセリング希望」とメッセージをください。
ご来院のご予約もしくは簡単な質問でしたらLINEにてご相談承ります。

Q1
鍼灸治療を行うことでどれくらい妊娠率が上がりますか?
A
アメリカの生殖医学学会誌に掲載されている内容ですが、胚移植日前後に鍼を行なわない組では 22%の妊娠、鍼治療組では 36%の妊娠率となり、鍼灸治療を行なった組に有意に妊娠率が高くなった。

体外受精と顕微授精例の黄体期に鍼治療を行なうと鍼灸を行なわなかった組では 13.8%、行なった組では 28.4%の妊娠率で、鍼灸治療組の妊娠率が高くなった。

という報告が多数あります。
当院でもおおむね同じ結果がでております。

鍼治療を併用した胚移植は、鍼治療を受けた群の臨床的妊娠は 1.65 倍高く、継続中の妊娠は 1.87 倍、生児分娩率は 1.91 高く、鍼治療は妊娠率の高さと関連していたと発表されています。

以上のことより鍼治療は妊娠率向上に貢献できるということがわかると思います。

Q2
肩こり、腰痛、冷え症などの他の不調にも、鍼灸治療をして頂けますか?
A
不妊と直接関係が無くても、抱えておられる様々な不調を軽減することによりストレスが減り、ホルモンバランスが良くなる可能性があります。是非とも、他の症状もお話し下さい。

Q3
鍼灸治療は、どうして不妊症に効くのでしょう?
A
鍼灸には、ホルモンバランスを改善したり、卵巣の血の巡りを良くしたりすることで、卵子の質を向上させる効果があります。また、子宮の血流も良くすることで受精卵の着床を助ける効果があります。

Q4
病院の不妊治療と合わせて、鍼灸治療を受けられますか?
A
もちろんです。病院での治療は人それぞれで異なります。現在、病院で受けている治療内容に合わせて鍼灸治療を行うことで効果もより高いものになります。
す。

Q5
生理中は、鍼灸治療を控えた方が良いのですか?
A
生理中は、卵子の成長が活発になる時期です。治療をしっかり行ってあげた方がよいです。生理痛や経血の量が多く不安な方は施術の際にお話しください。

Q6
鍼灸治療をスタートし、どの位の間隔で通院するのが良いのでしょう?
A
それは不妊の原因とも関係しますが、大抵週に2回から1回程度です。
また、病院でどのような治療を行っているかによっても変わってきます。

Q7
鍼灸治療の効果は、すぐに現れますか?
A
体外受精胚移植の場合、数回程度の鍼灸を受けるだけで、着床率が向上するというデータがあります。ご自分が今、不妊治療のどのような段階におられるのか、効果の発現時期は異なってきますので詳しくはお尋ねください。

Q8
どの位の期間、鍼灸治療を続け妊娠される方が多いのでしょう?
A
病院と鍼灸を併用される方もおられますが、両方のメリット生かして早い段階で妊娠される方が多く、実際3ヶ月以内で妊娠された方も多くおられます。

Q9
これ以上、病院へ不妊治療で通うのが精神的に負担です。鍼灸治療だけで妊娠できますか?
A
鍼灸治療は妊娠率を向上させることは、様々な国が出しているデータで明白ですが、問題は、鍼灸のみで解決できる問題かどうかにかかっています。原因が何であるか見極めることが大切です。

Q10
体外受精、人工授精を受ける前後での、理想的な鍼灸治療の通院日、頻度は如何ほどなのでしょう?
A
体外受精の場合、採卵前と移植前はしっかりを通院して頂いた方が良いかと思います。人工授精やタイミングの場合は週1回の頻度で通っていただき排卵前や着床時期だけタイミングを合わせて来院頂く事が多いです。

Q11
体外受精の胚移植後で出血しています。鍼灸を受けても大丈夫ですか?
A
胚移植後の出血はさほど珍しいことではなく、授精卵または胎児の発育と無関係な場合が多いものです。従って鍼灸治療を受けても差し支えありません。しかし、流産のリスクが高い時は、外出自体が良くないかもしれません。まずかかりつけの医師に安静が必要かどうか問い合わせてみて下さい。

Q12
月経がとても不規則ですが、鍼灸治療で治りますか?
A
生理不順が鍼灸治療で良くなることは大変多く見られる効果です。
自律神経の働きを良くしてホルモンバランスが整うことで良くなる方も多くおられます。

Q13
鍼灸で具体的には何がどう変わるのか?
A
鍼灸治療には、肩こりや腰痛、自律神経の不調など様々なものに効果があります。続けていただくことで、身体の不調が良くなっていくことが実感できると思います。そうすることで妊娠しやすい状態を作ってあげることが大切かと考えています。

Q14
クロミッドの影響で内膜が育ちません、鍼灸で育ちますか?
A
鍼灸で子宮内膜の血流を良くしてあげることで内膜の成長を促すことができます。また、栄養状態も関係していることも多いので当院では栄養検査を行い正しい食事指導も行っています。

Q15
刺激しても卵子の数がなかなか取れません、取れるようになりますか?
A
その方の卵巣の状況にもよりますが、卵巣の血流をよくしてやることによって、採卵数が増える可能性があります。

Q16
年齢が40歳を超えているのですが、妊娠する可能性はありますか?
A
一般的に年齢が上がるにつれ妊娠率は低下します。また逆に流産率は上昇します。40歳代の方の卵巣の状況は個人差も大きいですが、不妊症の原因がどういったところにあるかによると考えられます。当院でも40歳の方で妊娠される方はたくさんおられます。

Q17
AMHが低いというのも、鍼治療で改善できるものでしょうか?
A
AMH(卵巣予備能)は、当院では鍼治療では改善すると申し上げられる結果は確認できていません。ただし、AMHが低いから妊娠しないということはありません。AMHが低値でも、鍼治療だけでなく栄養改善や運動療法などでできることはたくさんありますので、ご相談ください。

Q18
男性不妊に対しても効果があるのでしょうか?
A
卵子は現在あるものを毎月消費して行くだけですが、精子はリアルタイムに生成されていくので、男性の体調が精子の状況を左右すると言われています。実際に、鍼治療を受けられてから、精子の数や運動率の向上する方も沢山おられます。

Q19
現在妊娠していますが、鍼灸治療を受けることはできますか?
A
当院では、妊娠中も鍼灸を受ける方は沢山おられます。つわり、むくみ、腰痛など理由は様々です。お気軽にご相談ください。また鍼灸が流産率を上げるということはありませんのでご安心ください。

Q20
移植後、妊娠後も鍼灸を受けた方が良いのでしょうか?
A
移植後は着床の安定、妊娠後は流産の予防に行います。ただ、流産の原因は様々で、染色体異常によるものは回避不可能です。鍼灸の可能性としては、子宮の血流促進や、免疫過剰反応の抑制であり、それらは一定程度の流産抑止に働くと思われます。また流産のもっともハイリスクな時期は8~9週頃です。当院では、12週までは週1回の妊活鍼灸を行い、それ以降はマタニティケア鍼灸を3週間に1回程度行っています。

Q21
移植当日に鍼灸治療を受けた方が着床しやすくなると聞いたのですが?
A
初期胚移植と胚盤胞移植とでは、当然着床時期が異なるので、個々の状況を考えずに「移植当日」ではないこともあります。当院では、一人一人違いますが、胚盤胞移植であれば移植当日と移植2日後に治療に来られることをお勧めすることが多いです。

Q22
なぜ皮膚に刺した鍼で子宮や卵巣への血流が良くなるのでしょうか?
A
人間の身体は、皮膚を介して脊髄や脳などの中枢神経に刺激を入れてあげることで様々な生体の反応を起こすことができます。 鍼治療をその作用を利用して
卵巣や子宮の血流を良くすることができます。

Q23
鍼は痛いですか?
A
個人差がありますが、当院では婦人科疾患の鍼治療は刺す深さが浅いことが多いので痛みを感じる方は少ないと思います。また、痛みに敏感な方は痛みを起こしにくいタイプの鍼を使用していますのでご安心ください。

Q24
鍼は使い捨てですか?
A
当院では、滅菌処理済みのディスポーザブルの鍼しか使用しておりませんのでご安心ください。

個別カウンセリングのご予約は・・・

1.お電話
088-678-9623にお電話ください。カウンセリング希望の旨お伝えください。

2.LINE
 このページの一番下の「LINE@友だち追加」をクリックして友だち追加
していただき、「カウンセリング希望」とメッセージをください。
ご来院のご予約もしくは簡単な質問でしたらLINEにてご相談承ります。

2020.10.20 妊娠率を28%上昇させる妊活カウンセリング!

当院には、妊活や不妊治療でお悩み中の方が毎月ご相談にたくさんいらっしゃいます。
悩みは様々ですが、、、
・妊活をはじめたが何からすればよいのかわからない。
・病院の検査で問題がないのに結果が出ず、どうしていいかわからない
・結婚して2年以上たつのに妊娠できない
・なかなか2人目ができず、諦めかけている・・・
・1回も着床したことがない
・卵子の質が悪く胚盤胞まで育たない
・夫の精子の状態が悪いと言われた
・妊娠しにくいと言われる40歳を過ぎたが、やっぱり子供が欲しい。諦めきれない。
・基礎体温が上がらず、毎日体温計を見て愕然とする
・クリニックで不妊治療をしているが、流産を繰り返していてもう希望が持てない
・病院の不妊治療がうまく行かず、精神的にも追いつめられている・・・

そういった方はまずはご相談にお越しください(要予約制)

カウンセリング料 1時間4500円(税別)初診料込みの料金です。(10月より)当院に通院中の方やサプリメントご購入いただいている方は、基本的に 今までどおり無料でカウンセリングしています。

カウンセリングを受けると妊娠出産率が28%上昇したというデータがあります。

当院では、鍼灸治療だけでなく西洋医学、東洋医学的な観点からカウンセリングを行うことができます。
もちろん、高度な生殖補助医療(不妊治療)に関する質問にも自信をもってお答えできますのでご安心ください。

まずは、カウンセリングを受けていただいて最短で妊娠できる方法を一緒に考えましょう!

また、当院では、日本屈指で間違いなくトップレベルの不妊治療の成績を上げている
神戸三宮の「英ウイメンズクリニック」

院長自身も毎週火曜日鍼灸外来を担当している
香川県丸亀市の「厚仁病院」

をご紹介しておりますので、高度な設備での治療や治療のご相談に行っていただくことも可能です。

当院の院長である近藤敏朗は、英ウイメンズクリニックにて夫婦で不妊治療を受け妊娠に至った経験があります。
また、英ウイメンズクリニックで研修を受けたこともあり、設備や技術、医師や看護師、培養士の方が素晴らしいことは自信をもっておすすめできます。

当院から紹介状を発行することもできます。

⇩⇩英ウイメンズクリニックでの研修⇩⇩

⇩⇩英ウイメンズクリニック院長苔口昭次先生と学会にて⇩⇩

 

カウンセリングのご予約は・・・

1.お電話
  088-678-9623にお電話ください。カウンセリング希望の旨お伝えください。

2.LINE
 このページの一番下の「LINE@友だち追加」をクリックして友だち追加
 していただき、「カウンセリング希望」とメッセージをください。
 ご来院のご予約もしくは簡単な質問でしたらLINEにてご相談承ります。

1 2 3 4 5 6 7

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ