はり灸・整体・トレーニング Sora|徳島|鍼灸・不妊治療・美容

お知らせNEWS

2021.05.20 その股関節の痛み変形性股関節症かも!?

徳島県徳島市応神町 鍼灸治療院

はり灸|整体・トレーニングSoraの中原です。

今回は股関節の痛みの原因になってるかもしれない変形性股関節症について書かせて頂きます。

股関節痛のイラスト

【変形性股関節症ってなに?】

変形性股関節症は関節軟骨の変性、摩耗によって関節の破壊が生じ、痛みや関節可動域制限が起きる疾患です。主には加齢により発症しますが、子供のころに股関節の発育不全や、過去に股関節の脱臼、亜脱臼があると発症のリスクは高くなります。女性は股関節の発育不全が男性よりも発症率が高く、必然的にこの疾患も女性の割合が高くなります。

変形性股関節症はレントゲンにて診断するので、立ち上がりや歩き始めに股関節の痛みがあれば一度病院で診察してもらいましょう。

【変形性股関節症に対してできること】

変形性股関節症では上記の状態により、関節、関節周囲の筋肉に炎症が起きて痛みが発生します。強い痛みがある場合はこの炎症を抑える事で痛みを緩和する事が出来ます。痛みが治まっても変形した関節が治る分けでは無いので、日頃の生活習慣の見直しが必要となってきます。

・鍼灸にできること―炎症部位周辺への刺鍼を行い、循環改善と共に炎症を鎮静する作用があり、炎症による痛みを緩和します。 さらに股関節の痛みにより代償的に使用した筋肉の筋緊張を緩和する事が可能です。

・鍼灸にできないこと―鍼灸治療では変形した関節自体を修復することはできないので、関節に負担をかけないように周辺の筋力トレーニングを行います。主に鍛えていくのは大腿四頭筋という太ももの前面の筋肉、お尻の大殿筋、中殿筋の筋力強化を目的とします。大腿四頭筋のセッティング(関節運動を伴わない筋トレ)や大殿筋、中殿筋のトレーニングは自身で簡単に出来る内容なので、お家でのリハビリにも活用する事が出来ます。

【気軽にご相談を】

変形性股関節症では痛みの原因にも関節の滑膜の炎症や、軟骨の破壊、硬化によるもの、周囲の筋肉の疲労からくるものと様々あります。さらに変形性股関節症の原因となる疾患も股関節の発育不全からくるもの、外傷による脱臼、骨折、すべり症などからくるものなどがあります。自身の症状が当てはまらなくても股関節に違和感を感じたら一度ご相談下さい。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ