はり灸・整体・トレーニング Sora|徳島|鍼灸・不妊治療・美容

お知らせNEWS

2019.06.16 よくある質問Q&Aのご紹介

鍼は痛くないですか?
鍼治療に用いられる鍼は、注射針や縫い針とは違い繊細でしなやかなものです。
だから刺すような痛みはほとんどありません。髪の毛ほどの太さで、当院では特に痛みを感じにくいタイプの鍼を使用しています。

お灸は熱くないですか?
お灸は熱刺激なので熱くないと言ったら嘘になりますが、当院では、以下の写真のような温灸器というモグサを木の箱に入れるタイプのものを使用することが多いのでヤケドの心配もありませんし、とても心地の良いものです。

鍼はなんで効くんですか?
鍼灸による様々な反応を実証させた科学的な内容をご説明いたします。

1. 新陳代謝の活性化
体内細胞の細胞分裂を活発にすることで、組織を再生させる力を促します。

2. 血行の促進
血管を拡張させ、冷えや硬くなった筋肉などを改善します。

3. 鎮痛効果
脳内のモルヒネ様物質の分泌を促します。

4. 免疫機能が高まる
白血球・リンパ球・副腎皮質ホルモンの増加・分泌を促すことにより、病気の予防効果を促します。

5. 抗ヒスタミン作用
アレルギーによる喘息や皮膚炎などを抑える作用があります。

6. α(アルファ)波の誘発
心地よい眠りの状態を作ります。

などがあげられます。
以上のようにこりや痛みなど、一般的に知られる症状以外にも効果を発揮することがあります。
鍼灸をはじめとする東洋医学は、人に本来備わっている「自然治癒力」や「自律神経の働き」のレベルを高め、痛みや病気で傷ついた組織の修復、また組織を傷めることがないような身体作りをしていき、治療効果だけでなく予防医学としてもとても有効です。

鍼の衛生面について教えてください。
当院ではディスポーザブル(使い捨て)の鍼のみを使用していますので、血液を介しての感染の心配はございません。

鍼に合う人と合わない人はいますか?
治療のやり方に合う合わないや、好き嫌いはあると思いますが、鍼灸治療自体に合わないという事はないと思います。よく治療後の好転反応を合わないと感じる方もいらっしゃいますが、それは症状が治癒していく過程の一部として考えられます。当院では、好転反応のことをわかりやすく、温泉に入った後のダルさのような症状がでますとお伝えしています。ただし、治療後に好転反応が強く出てしまった場合は次回治療時に刺激量を調整するなどして対応していますので、ご安心ください。

鍼灸は癖になると良く聞きますがホントですか?
症状が改善されることで、次第に治療の必要はなくなりますので癖になるということはありません。ただ、生活習慣やお仕事の内容などにより、その状態を維持・継続するために月1回もしくは2ヶ月に1回の定期的な治療は必要になる場合があります。当院では、よく歯医者さんに歯のメンテナンスに通うのと同じようなものですとお伝えしています。定期的な歯のメンテナンスで虫歯や歯周病の予防に繋げるのと同じように、身体の症状も定期的なメンテナンスが必要と考えています。

ページトップへ