はり灸・整体・トレーニング Sora|徳島|鍼灸・不妊治療・美容

お知らせNEWS

2022.04.02 不妊治療の保険適用について

4月からの不妊治療保険適用がスタートしました。

妊活中の方で、気にされている方も多いかと思いますので以下のようにまとめてみました。

厚生労働省の資料のリンクも添付してありますので是非ご一読ください。

①年齢
43歳未満(最大6回まで)・・・40歳~42歳1子に3回まで、40歳未満は1子に6回

②AIH(人工授精)
1820点(18200円)⇒3割負担5,460円の支払い

③IVF(体外受精)

採卵、培養、移植に分かれております。

採卵・・・数によって

1個2400点(24,000円)⇒3割負担7,200円の支払い

2~5個3600点(36,000円)⇒3割負担10,800円の支払い

6~9個5500点(55,000円)⇒3割負担16,500円の支払い

10個以上7200点(72,000円)⇒3割負担21,600円の支払い

培養・・・数によって

5000点~10000点(50,000円~100,000円)⇒3割負担

受精の仕方

ふりかけ 4200点(42,000円)⇒3割負担12,600円の支払い

ICSI

1個4800点(48,000円)⇒3割負担14,400円の支払い

2~5個6800点(68,000円)⇒3割負担20,400円の支払い

6~9個10000点(100,000円)⇒3割負担30,000円の支払い

10個以上12800点(128,000円)⇒3割負担38,400円の支払い

移植

新鮮胚移植7500点(75,000円)⇒3割負担

凍結胚移植12000点(120,000円)⇒3割負担

(例)

40歳で体外受精を行って採卵が5個、凍結胚移植が出来た場合

◎採卵10,800円

◎培養安く見て約15,000円

◎受精の仕方ふりかけ12,600円

◎凍結胚移植36,000円

上記金額の合計が74,400円

培養の費用ももう少しプラスになりますし、受診料や管理料などもかかりますのでやはり10万円くらいです。

修正が入って内容が変更なった場合は、記載した内容と異なってくることもありますので、その場合はご了承ください。

以下厚生労働省の資料

『リーフレット』
https://www.mhlw.go.jp/content/000913267.pdf

『概要』
https://www.mhlw.go.jp/content/000913401.pdf

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ