はり灸・整体・トレーニング Sora|徳島|鍼灸・不妊治療・美容

お知らせNEWS

2020.09.01 妊活・不妊治療Q&A「妊娠しやすいタイミングのとり方」

本日は、「妊娠しやすいタイミングっていつ?」という質問をよく受けることがありますので書かせていただきます。
当院でも、今回書かせていただいたタイミングのアドバイスで、自然妊娠される方が増えています。
是非ご一読ください。

まず、妊娠のチャンスを高めるタイミングを取るためには意識改革が必要
です!!

その1.排卵日の把握

実際に排卵日を見極める事は非常に困難です。

基礎体温上でも一番低温になった日から高温期の初日までの間と曖昧です。
基礎体温と排卵検査薬などを使用してなるべく正確な排卵日を把握しましょう。
病院で、タイミングのサポートを受けておられる方も排卵後のチェックを
してもらったりしましょう。

 

 

その2.性交のタイミングはいつがベストか?


以下の図をご覧ください!!

0日を排卵日としたときの妊娠率と流産率

妊娠しやすいのは排卵日1日前す。

☆流産率が低いのは排卵2です

可能であれば、排卵日2日前~排卵日1日後までの4日間はタイミングを
とることが理想です!
(難しい場合は、排卵日前2日間でもOK)

性交の回数は、多いほど妊娠率は高くなります。難しいことかもしれませんが事実ですので、頑張ってみてくださいね!

 

 

 その3.精子と卵子には時間がない

昔は卵子は24 間、精子は72 間生きていると言われました。 今は違います。
以下の図をご覧ください。
排卵してから、精子と受精して発育する可能性が高いのは
排卵後たったの6時間だけです!!
つまり、その時間帯に受精できないと妊娠する可能性は低くなってしまいます。



今回は、妊娠するチャンスを高めるための意識改革として、3つのポイントについて書かせていただきました。
是非ご参考ください。

無料個別カウンセリングご希望の方は以下の方法でお問合せください。
ご来院、お電話、LINEなどの方法でご相談受付しています。

1.お電話
  088-678-9623にお電話ください。カウンセリング希望の旨お伝えください。
  お電話かご来院どちらでも対応いたしております。

2.LINE
 このページの一番下の「LINE@友だち追加」をクリックして友だち追加
 していただき、「カウンセリング希望」とメッセージをください。
 ご来院のご予約もしくはLINEにてご相談承ります。

2020.07.08 妊活・不妊治療Q&A

今回は「受精卵のグレード」についての質問です。

よく不妊治療中の方から聞かれる質問です。

受精卵のグレードは2種類存在します。

1つは初期胚(4細胞期胚)の段階、もう1つは胚盤胞でのグレード分類になります。

まずは、初期胚の分類ですが、1~5数字で表されグレードの数字が小さい方が妊娠率の高い胚とされています。

グレード1・・・割球が均等でフラグメンテーションがない・・・妊娠率20~30%
グレード2・・・割球が均等でフラグメンテーションが10%以下・・・妊娠20%~30%
グレード3・・・割球が不均等でフラグメンテーションが10%以下・・・妊娠率10%以下
グレード4・・・割球が不均等でフラグメンテーションが10%~50%・・・妊娠率5%以下
グレード5・・・割球が不均等でフラグメンテーションが50%以上・・・妊娠率5%以下

胚盤胞でのグレードは初期胚のグレードとは異なり数字が大きくなるほど妊娠率が高まります。

グレード6・・・孵化した胚盤胞・・・妊娠率60%~70%
グレード5・・・孵化しつつある胚盤胞・・・妊娠率60%~70%
グレード4・・・完全胚盤胞、胞胚腔が全体に広がり透明帯が薄くなる・・・妊娠率50%~60%
グレード3・・・完全胚盤胞、胞胚腔が全体に広がる・・・妊娠率40%~50%
グレード2・・・初期胚盤胞、胞胚腔が1/2以上・・・妊娠率30%~40%
グレード1・・・初期胚盤胞、胞胚腔が1/2以下・・・妊娠率20%~30%

さらに最近では4ABなどとアルファベットがついています。

1つ目のアルファベットであるAはICM(将来的に胎児の部分)
2つ目のアルファベットであるBはTE(胎盤になる部分)

を表してします。

卵子の質を良くして、グレードの良い受精卵を獲得することが妊娠への近道です。 鍼灸でできることもあります。

受精卵のグレードが低くてお困りの方はご相談ください。

2020.07.07 新しい機器のご紹介『ラジオ波』を妊活・美容に取り入れました!!

徳島県徳島市応神町 鍼灸治療院

はり灸|整体・トレーニングSora 近藤敏朗です。

今日は、当院に新しく導入した『フィジオラジオスティム』いわゆるラジオ波についてご説明いたします。

『ラジオ波について』

ラジオ波を使用すると深部温熱作用により、体内温度が1℃上昇します。
ラジオ波により細胞温度が上がると、細胞を修復するタンパク質(ヒートショックプロテイン)の産生が活性化され、痛みの改善、冷え症、アンチエイジング等の体質改善効果、基礎代謝が上がるのでダイエット効果、免疫力向上の効果が期待できます。

体内温度を1℃上げることで

【コラーゲン組織の生成促進】
【タンパク質生成促進】
【基礎代謝アップ】︎
【血流増加】

による様々な効果を具体的に書かせて頂きます

■妊活・不妊症
・身体の深部を温めることで子宮や卵巣の血流UP
・妊活の大敵である冷え症の改善
・内臓を温めることで栄養素の吸収をUP
・体質改善、アンチエイジング効果
・自律神経バランス改善、ホルモンバランス改善効果

■ 美容
・加齢によるたるんだコラーゲンの引き締め
・新しいコラーゲンの生成促進
・リフトアップ、ほうれいせん、しみ、くすみ など
・ 紫外線からのダメージを抑制
・ シミの原因のメラニン抑制

■ シェイプアップ
・循環改善
・セルライト、むくみ

■ ケガの回復促進・予防
・肉離れ、捻挫など早期回復
・ケガの予防

~ラジオ波による施術料金について~

妊活治療

 ①移植前  施術料+2000円(税別)

   ②採卵前  施術料+2000円(税別)

*ラジオ波を行った場合は、いつもの鍼灸施術料に上記料金を加算させて頂きます。

*ラジオ波の施術は、必要性に応じてこちらからおススメさせて頂きます。

美容エステ

ラジオ波エステ  美容鍼施術料+3000円(税別)

*ラジオ波エステは、いつもの美容鍼施術料に上記料金を加算させて頂きます。

*ラジオ波の施術は、必要性に応じてこちらからおススメさせて頂きます。

2020.07.07 卵巣の刺激法で妊娠率が大きく変わる

徳島県徳島市応神町の鍼灸治療院

はり灸|整体・トレーニングSora 近藤敏朗です。

本日は、不妊治療で卵巣の刺激法で妊娠率が変わるということについて書かせていただきます。

世界の生殖補助医療の効果や安全性を監視する組織「国際生殖補助医療監視委員会(International Committee Monitoring Assisted Reproductive Technologies:ICMART )」から、世界各国の体外受精の出生率を公表するワールドレポートが出されています。

それを見ると、日本は採卵1回当たりの出産率が6.2%しかなく、60カ国中なんと最下位でした。

60カ国の平均値では、この出産率は20.1%もあって日本の3倍以上となります。採卵を何回も重ねた結果を示す累積出産率はもう少し良いですが、それでも1番下から3番目という低さでした。

治療成績が低い一方で、体外受精の実施件数はなんと日本が世界一!!

日本人は、世界一たくさん体外受精を受けているのに、採卵当たりで見ると世界一出産できていないということになります。

この出産率の低さは、何から来ているのでしょうか?

色々と原因は考えられますが、、、

真っ先に考えられるのは、晩婚化・晩産化の影響といえるでしょう。
日本産科婦人科学会が公開している統計によると、日本の体外受精は、女性が40歳以上の治療が32%と3人に1人を占めています。

なので、、、なるべくスピード感を持った治療をしていくことが必要かと考えられます。

海外では「1人の子どもが体外受精で生まれるためには、平均25.1個(38歳未満の女性に限っても6~16個)の卵子を採ることが必要」と言われています。

どの年代でも多くの卵子を育て、受精卵が多く採れた方が妊娠率は向上します。

そのためには、卵子を育てるために排卵誘発剤を使ったほうが妊娠しやすいと考えられます。特に以下の表をご覧いただくと30代では簡易刺激よりも調整刺激の方が妊娠率に大きな開きがあるのがわかります。排卵数を増やす方針(調節刺激)で薬を使ったほうが妊娠率は高くなることが下記の表でわかるかと思います。

不妊治療は薬の使用だけではなく、最初に受ける検査、刺激方法、受精卵の扱い、それを子宮に戻す方法なども施設によってかなり違いがあります。
治療を受ける人、一人ひとりが、よく考えて、自分の身体のことや科学的なことを正しく知ることも早く妊活から卒業するための近道でもあると思います。

2020.06.12 性交と着床率の関係について

以下のような質問をよく受けることがあります。

IVF(体外受精)でも性交を多くとると着床率は上がりますか?

答えはYESです。

但し、移植時期は多胎リスクから、必ず避妊していただくことをオススメいたします。

論文もでていますのでご確認ください。

アメリカ生殖医学会は学会見解として、妊娠する力に最も影響を及ぼすのは「女性の年齢」で、その次が「性交回数」であるとして、毎日性交することで周期あたりの妊娠率が最も高くなるという研究結果を紹介しています。ただし、性交が妊娠率上昇に寄与するのは、タイミングが合いやすくなること以外にもあることが意外に知られていないように思います。そこで、人工授精や体外受精でも性交回数が多いほうが妊娠率が高くなるという研究結果を紹介したいと思います。

性交回数が多いほど妊娠しやすくなります。

お伝えしたいのは、性交が妊娠率に影響するのは、自然妊娠だけで
なく、たとえ、人工授精や体外受精、顕微授精を受けていても、同じこ
とが言えるかもしれないということです。そして、性交は、妊娠率だけ
でなく、妊娠、出産の合併症リスクの低下や胎児の健康にまで影響
するかもしれないのです。

精液は着床環境を免疫的に整えるスイッチをオンにする

オーストラリアとスペインで体外受精の移植日前後の性交と妊娠率
を調べた研究があります(1)。移植直後の性交は子宮の収縮を招
き、着床の障害になったり、感染の原因になったりする可能性がある
ことから、移植後の性交は控えたほうがよいという考え方があります。
ところが、その一方で、射精された精液が子宮や卵管などの女性の
生殖器官に触れることで、女性側の着床環境が免疫的に整うことが
動物実験でわかっています。そもそも、女性にとって受精卵は「異物」
であり、本来は免疫機能が働き、排除されるのですが、妊娠時には、
不思議なことに「異物」を排除しないで、受け入れるように免疫が働
きます。そして、そのスイッチをオンにする役割が精液にあることが動
物で確かめられているのです。そこで、アデレード大学の研究グループ
は、人間にも同じようなメカニズムが働くのかもしれないと考え、478
周期の体外受精の1343個の胚移植で、移植時期の性交の有無によ
る治療成績を比較しました。その結果、治療周期あたりの妊娠率に
は差はありませんでしたが、妊娠に至った胚の割合は移植時期に性
交があったほうが高いことがわかりました。もう1つ、性交や精液の注
入と妊娠率の関係を調べたメタ解析(過去の複数の研究のデータを
収集、統合し、統計的方法による解析)があります(2)。トータルで7つ
の無作為比較対象試験(被験者総数2,204名)では、性交があった、
もしくは、精液を注入したカップルのほうが妊娠の確率が23%高かっ
たことがわかりました。人間においても、精液は女性の生殖器官で着
床に有利な免疫的働きを促すスイッチをオンにするのかもしれませ
ん。

性交そのものが着床環境を免疫的に整えるように促す

インディアナ大学のキンゼイ研究所で、精液だけでなく、性行為そのも
のも免疫システムに影響を及ぼしているのではないかと考え、そのこ
とを確かめた研究があります(3)。30名の女性に、月経サイクル中の
月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4回、唾液を提供してもらい、唾
液中の生殖ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)や2種類のヘル
パーT細胞(Th1、Th2)が放出するサイトカイン(IFN-γ、IL-4)を測
定し、それぞれの値の月経サイクル内の変動と性交との関係を解析
したものです。
その結果、性交のあった女性では、黄体期に妊娠に有利に働くサイト
カインが優勢でしたが、性交のなかった女性ではみられませんでし
た。結果はコンドームの使用の有無に影響を受けなかったことから、
性交そのものが、月経周期中の免疫反応が妊娠に有利に働くのか
もしれません。

精液は妊娠合併症のリスクや胎児の健康にも影響するかもしれない

カップルの性的な関係のあった期間と妊娠後の子癇前症やSGA
(子宮内発育遅延)との関係をニュージーランドとオーストラリアで調
べた研究があります(4)。2,507名の初産の妊婦を対象にパートナー
との性的な関係の期間と子癇前症やSGAの発症との関係を調べた
ところ、期間が短いカップルほど子癇前症やSGAの発症リスクが高
いことがわかりました。これは、女性の生殖器官がパートナーの精液
に触れる頻度が高くなるほど、女性の生殖器官が妊娠合併症のリス
ク低減や子宮内の胎児の成育に有利な状態になることによるので
はないかとしています。性交は「妊娠しやすさ」だけでなく、「妊娠合併
症のリスク低減」や「胎児の成長」にも有利に働くかもしれません。

性交は妊娠の方法に関わらず妊娠、出産に有利に働くかもしれない

自然妊娠では性交回数が多くなるほど妊娠の確率が高くなるのは
理屈抜きで理解できますが、人工授精や体外受精、顕微授精では、
もはや、性交は不要と考えがちかもしれません。ところが、私たちに
は、「膣内射精で精液が女性の生殖器官に触れること」や「性交その
もの」が女性の身体が妊娠や出産に有利に働くメカニズムが備わっ
ている可能性が大きいことがわかりました。であれば、たとえ、タイミン
グ指導でも排卵期以外にも性交すること、そして、たとえ、生殖補助
医療を受けていても性交することは「いいこと」になるわけです。ただ
し、くれぐれも誤解しないでいただきたいのは、不妊治療を受けてい
る場合、「性交」は妊娠、出産に有利に働くようですが、「性交」は必
要条件ではありません。つまり、ここでも、性交は「義務」ではないけれ
ども、多少なりとも、妊娠、出産のサポートになるかもしれないというこ
とです。それにしても、新しい命の誕生に際しての人間の身体のつくり
の精巧さ、奥深さ、そして、神秘さに、驚かされるとともに、あらためて
感動し、畏敬の念を抱かざるを得ません。
また、もしかしたら、セックスレスの妊娠へのマイナスの影響は私たち
が想像している以上に大きいのかもしれません。

■文献
1)Hum Reprod. 2000; 15: 2653
2)Hum Reprod Update. 2015; 21: 275

1 2 3 4

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ