はり灸・整体・トレーニング Sora|徳島|鍼灸・不妊治療・美容

お知らせNEWS

2019.11.10 葉酸摂取と子宮内発育遅延(SGA)リスクとの関係

今日は葉酸摂取と子宮内発育遅延(SGA)リスクとの関係という論文を Br J Nutr. で見つけましたので和訳して解説致します。

『葉酸摂取と子宮内発育遅延(SGA)リスクとの関係:北西中国横断研究』

妊娠初期の葉酸サプリメント摂取や妊娠中の葉酸摂取量増加は子宮内発育遅延(SGA)のリスク低下に有意に関連することが中国で実施された横断研究で明らかになりました。

西安交通大学の研究者らは、出産後12ヶ月以内の女性7307名を対象に、食事からの葉酸とサプリメントによる葉酸、葉酸総摂取量を4つの期間(妊娠前3ヶ月から妊娠迄、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期)に分けて調査し、SGA発症リスクとの関係を解析しました。

その結果、妊娠初期に葉酸サプリメントを摂取していた母親の胎児のSGA発症リスクは全く摂取していなかった母親に比べて22%低かったことがわかりました。

一方、妊娠中期、もしくは、後期の葉酸サプリメントを摂取していた母親の胎児のSGA発症リスクは全く摂取していなかった母親に比べて変わりはありませんでした。

また、妊娠初期の葉酸サプリメントの摂取期間と胎児のSGA発症リスクの関係をみてみると、全く摂取していなかった場合に比べて、60日以上摂取してた場合は発症リスクは22%、60日未満の摂取では20%、それぞれ低下し、摂取期間が10日長くなるごとに発症リスクは3%低下し、長く摂取するほうがリスク低減作用が大きいことがわかりました。

また、妊娠期間中の葉酸の総摂取量(食事とサプリメントからの合計摂取量)で3つのグループの分けて、SGA発症リスクを比較したところ、総摂取量が最も多かったグループは最も低かったグループに比べてSGA発症リスクが23%低かったことがわかりました。

これらのデータから、妊娠初期の葉酸サプリメントの摂取や妊娠期間を通して、食事やサプリメントから十分な葉酸を摂取することがリスク低下につながる可能性がありことがわかりました。

葉酸のサプリメント摂取はSGAのリスク低減に関連するということですが、サプリメントの摂取期間でみれば妊娠前、妊娠3ヶ月の摂取で有意に低下しましたが、中期や後期の摂取では低下と関連していません。

また、摂取期間が長いほどリスク低減効果が大きいことから、サプリメントは妊娠前から最低でも妊娠3ヶ月まで、出来れな妊娠期間中は継続することが望ましいと言えます。

重要!

日本人の40%~50%は代謝回路での人工葉酸代謝に関わるMTHFR遺伝子のC677TとA1298C遺伝子に変異がありますのでFolic Acid(人工葉酸)では男性原因のリスクを改善できません。

日本人は人工葉酸(Folic Acid)ではなく、肝臓を介さず小腸から生体活性される天然葉酸塩(Folate)のほうを摂ることが大切です。

さらに最新の研究では天然葉酸塩(Folate)の中でも生体活性が有るものと無いものがある事がわかってきました。

天然葉酸塩(Folate)を含むサプリメントを求める際は、よく注意しなければなりません。

生体活性形態のこの物質は非活性型メチルフォレートと区別がつきにくい名称で呼ばれるからです。

天然葉酸塩(Folate)サプリメントを求めるときは、下記にとりわけ注意してください。

・L-メチルフォレートと6(S)-メチルフォレートは生体活性がある形態のビタミンB9です。

これらの活性化形態の物質にはこの他メタフォリンとクアトロフォリックが存在します。

・D-メチルフォレートと6(R)-メチルフォレートは生体活性がなく、避けるべきです。

天然葉酸塩でも正確な形態を明言せず「天然葉酸」や「メチルフォレート」、「5-MTHF」としか言えないサプリメントにはご注意ください。

L-メチルフォレートや6(S)-メチルフォレート、メタフォリン、クアトロフォリックを含むことを明言した物を選びましょう。

棗参宝は天然の葉酸塩(6(S)-メチルフォレート)を配合しています。

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ